一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この冬はほんの5分ぐらい雪が降っているのを見ただけだったので、

去年の東京の雪の降りっぷりが半端なかったせいもあり、

寒い寒いと言い続けて、まだ雪が降るはずと思い続けいていただけに、

 

今回2月17日から19日の京都で思いがけず梅が満開なのを見て

駆け足の京都から帰った翌日の朝の光で、東京もすっかり春だということに

気づかされました。

 

まだまだ油断はできないとは思いますが、

来月にはもう3月の桜が待ち遠しいシーズンです。(毎度、はやっ!)

 

年齢がいくと一年の一番大事なシーズンは夏だと思っていたのが、

段々に夏の体力消耗の辛さが勝ってきて、冬をどのように楽しく暖かく過ごすかと考える方が

大事なように考えが変わりつつあります。

 

人間、変わるものです・・・(汗)

そんな訳で今年の次の目標に向けて動き出します。

 

とっくのとうに春は来ていたんだな。

 

 

 

 

2019年、最初の写真はソーイングネタではないのですが、

思い切って現在週2回のペースでアルバイトをしている渋谷の頭バー昼の部の写真をアップしてみます。^o^

今はここの他に介護施設での仕事とソーイングと3本柱でやっています。

 

すご〜く欲張った生活をしているのですが、今はどれも自分に必要な気がしていて、

シンプルにこれだけという風な生活ができないのです。

(実際のところ、定収入も必要故・・・(^_^;)

 

東京へ越してきて3年目、思えば色んな物事にもがいてばっかりいたかも知れません。

なので、今年はあまり能動的にならず、流れに身を委ねてみようかなと、

ふと昨日、思い付きました。

今ある自分の場所から足元をしっかりと見つめ、楽しくやりたいこと、

出来ることを 着実に実行できるような一年にしていこうと考えました。

 

私はヨガも好きで、ずっと地味に続けているのですが、

こちらの方もやっと安心してヨガを指導してくださる方に巡り会うことができ、

安定してヨガの時間も取れるようになったかなというところです。

 

やっぱり、いきなり東京に来てみたものの、

自分らしいを整える環境を作ることがまず一番大事だし、時間もかかることだったなぁと 思いました。

そんなこんなで、どうやら今年の抱負が出てきました。

 

「流れに身を委ね、自分らしいを整える」、ですね。

このブログを覗いて下さる数少な〜い皆さま、 今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ブログ更新がこんなに空いてしまいました・・・

前半はまだマメに更新していたのに(汗)

さて、2018年、東京生活2年目でした。

とりあえず、亀の歩みのごとく、少しづつは自分らしい行動を取っていけるようになってはいるのかな、

という気持ちで今日を迎えています。

自分の作る(着る)お洋服にも、自分にしか出来ない要素が多少は発見できているのではないかと・・・。

本当に消極的な訴えではありますが、その一歩は力強くありたいです。

そんな色々をインスタグラムの写真から感じ取っていただければ幸いです。

前回のブログでチラリと書いたのですが、
5月末に函館旅行に行ってきました。

お陰さまでお天気のも恵まれ、
いわゆる観光地巡りという感じの
のんびりした旅行でしたが、
身も心もゆったりと洗われたような旅になりました。(^-^)


一番、強く印象に残ったのは、「函館市北方民族資料館」かなぁ。
これはどこの国、地方に行ってもやっぱり面白いものだと思う。
特に北海道は厳しい自然の中で生きてきた民族独特の衣装や文化が面白かったです。

刺繍やパッチワーク、アップリケなどの
手芸の技法が一枚の単純でいて
機能的な衣装の中に盛り込まれていることには、もはや感嘆のため息が出るほどでした。(^-^)

これからの私たちが着るお洋服の参考にも大いになりました!

そして、ブログのタイトルにある「乗り越える」について。
この1年東京で暮らしてからというもの、漠然と頭の中にある言葉であります。

「乗り越える」
十分、年齢のいった私は、たぶん無意識の内に色んなことを
乗り越えてきたつもりだったので、
もう、そんな言葉とは無縁になっていると思っていたのに、
再び、今、この言葉が離れません。

たぶん、それは自然に乗り越えてきた今までとは違って、
意識しないと越えられない(自然に逃げることも覚えてきたから)ようになっているから、
自分で意識しているのかなぁとか、考えています。

何を乗り越えているのか?ではなく、答えが見えない中でも、一日一日が
そういう日々の積み重ねみたいな・・・そんな気がしています。
写真は先日行った「ちひろ美術館」の建物。
小さい頃、好きだった(たぶん母親も好きだったんだと思う)
いわさきちひろさんの生誕100年の展示で行ってきました。
こちらの展示にも、そんなヒントをもらったように感じました。

いわさきちひろさんの「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです」の
展示も7月14日から東京ステーションギャラリーで始まります。
こちらもまた切り口が違う気がしてて、とても楽しみにしています。

ご興味のある方、なかった方にもにも、ぜひ。(^-^)


6月に入ってしまいましたが・・・

すいません!こちらのブログにも「夏の装い」展の追加情報をお知らせすると言うていたのに、
いつしか日々が過ぎてしまいました・・・(^_^;)

がしかし!実は夏の装い展のお洋服の展示は6月一杯まで延長してくださっております!!

なので、プリントのワンピースとパンツなどはまだ見てもらえると思いますので、
ぜひとも、京都桂の雑貨店おやつさんまで、お出かけ下さいね。

6月からはまた新しい企画イベントで「夏がくれば」という夏らしい雑貨が揃ったイベントの商品も
同時に見ていただけるようです。(こちらも楽し可愛いそう!!(^-^)

そんな私は5月末には少し骨休めのお休みを頂き、
函館旅行に行っていたのですが、帰ってからまたぼちぼちとソーイングの日々に戻しつつあります。

そんな訳で、ご注文の分やら追加のオーダーやらまだまだこれからも水面下で!?
がんばりまーす!

そういえば、自分の分も作りたいのでした〜!




ふんわり羽織れるワンピースは、ボタンを留めてウエストを結んで女らしいカシュクール風にも着れます。春先のコート代わりから夏のとっておきワンピースまで大活躍なワンピースです。


ゆったりテーパードパンツは何にでも合わせやすく、
くしゅくしゅとロールアップして履いていただくのがオススメです。


さて、今日から京都桂の雑貨店おやつさんで開催されております「夏の装い展」に

ボビンロビン洋裁店も参加しております!

上のふんわり羽織れるワンピースは黒とプリント柄の2枚を追加納品という形で、

送ることになっています。スタートが揃わなくてごめんなさい!

また、そちらも出来上がり次第、こちらにもお知らせ致します!

よろしくお願い致します。

実際にお店に足を運んでいただくと、

他にもたくさん素敵なお洋服が並んでいそうなので、

目移りするんだろうなと思いますが、

それも楽しみの一つとして、みな様どうぞ、雑貨店おやつさんまで、

足を運んで下さいませ。<(_ _)> (^-^)雑貨店おやつのFBページ


3月の金曜日のトランクさんでのミニ展示会や、雑司が谷という場所での初めての手創り市が終わって

2018年の最初の山場を越えて、気が付けば4月。

まずは、今回初お目見えだったお洋服から見て下さいね。

相変わらず、ワンピース好きなもので・・・の、展開です。(^_^;)


こちらは、ねじり衿ワンピース。ゆったキモノスリーブで、普通っぽいですが、実は袖下にマチがあるパターンで、普通のキモノスリーブよりも脇シワがスッキリした着こなしが出来ます。衿はバイヤス布をねじれるように留めつけています。



いつもの定番エプロンドレス(ヘップバーン風ジャンバースカート)少し、モデルチェンジして、コットンリネンのストライプでよりカジュアルになりました。


そして、カシュクールワンピース。今までも何回か挑戦していますが、今回のカシュクールはラグランスリーブで羽織るだけでも様になるような形になっています。




去年までは京都で見ていた桜を東京で花見をしました。

それは3月の終わり頃に突然始まった、とでもいうような桜まつりな一週間でした。

感じたことは、なんだか東京での桜の方が、桜を身近に感じるということでした。

京都なら、どこでも見ることは出来るけれど、どこか厳かな感じがするのと、

観光名所ではない場所の桜でもひっそりと美しく咲き誇っているような威厳があるように思います。

でも東京で見た桜は、「みんなのもの」ていうか、みんなで楽しく集って見るものっていうような、

花見をどこか桜自身も歓迎しているような親しみやすさを感じるのは、

私だけでしょうか?(^_^;)

そんなこんなで忘れられない記念すべき桜まつり週間を

過ごしました。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

東京に転居してちょうど1年。

どうなることやらと思っていましたが、ようやく地に足が着く生活ができるような

環境が揃ってきたかなぁと思っています。

一日一日を大切に積み重ねて過ごしていかなきゃなぁと

今日も想い、過ごしています。

3月16日から毎週金曜日には、東京の自由が丘にある
アメリカンビンテージの布と雑貨のお店「金曜日のトランク」さんで、
(毎週金曜日のみオープン11時から17時まで)
ボビンロビン洋裁店のミニ展示会を開催していただいております。

毎週通っていて思うのは、
本当に布好きな可愛い雑貨を愛する人たちが集まってくる
オアシスみたいな場所だなぁということです。

本当に小さなお店だけど、次々にいつもの笑顔が集まって、
時に布と向き合い、アイデア豊富な店主さんに刺激されて何かを作りたくなり、
時にお友達を気使うような身近なお話から楽しいお話でお茶の時間へ、
特別な一日がここでは展開されています。

それは本当に布好きを長く続けておられるからこその、
ブレのない店主さんの素敵なお店です。

私はハンドメイドに関する布のお話を聞いていると、
まだまだ布と真剣に向き合う時間が足らないなぁと思います。

せっかく、こんなにソーイングと布が好きなことがわかっているのに、
まだまだこれからだと反省することが見えてきます。
同時に布には、沢山の可能性があるんだなぁと、
益々、ソーイング熱が込もります。

こちらのお店にはビンテージ生地の他にもそのビンテージ生地を使った
布雑貨もギュギュッと置いてあって
そのどれもが手にすると自然に顔がほころぶような、
とても丁寧に可愛く、そして工夫されています。

ここにしかないお店、です。

いよいよボビンロビン洋裁店は来週3月30日金曜日で最終日です。
こちらでは、持ち込み生地でのお仕立てやサイズオーダーなども
お受け致しておりますので、お気軽にご試着しにいらして下さいませ。
(^-^)



3月18日(日曜日)、参加して参りました!
お天気予報では暖かくなるということで、お客さんの服装も出店者さんも午前中は
春らしい装いの方ばかりで、軽やかなスタートだったのですが、
午後からはお日様の日差しが弱く風もあってか、
せっかくの試着室を有効に使えなかったのが、一番残念でした・・・(;▽;)

それでも、丁寧にお洋服を見てくださる方ばかりで、お話できたのはとても嬉しく思いました。
お話を聞いていただいたみなさま、ありがとうございました!
そして周りの参加者さんもいい感じの方ばかりで、みなさん頑張って作っておられるんだなと
刺激を受けましたし、やはり、まだまだ作りこみたいと反省もたくさんありました。

これからは、まず焦らずにお洋服作りは一生の仕事だと自負しているので、
日々の生活とのバランスを取りながら(これが難しい)
みなさまにもっと喜んでもらえるようなSewing Lifeを築き上げていきたいです!

好きなことを続けること、伝えたいと思えること、それが出来る環境があること
(もちろん、自分で望んでいかないととても出来ませんが)
しあわせな事だと心から周囲に感謝して、
また今日もSewing がんばります!

引き続き、「金曜日のトランク」さんでのミニ展示会続きます!(金曜日のみ11時〜17時まで)
こちらは、セミオーダーや、生地の持ち込みのご相談など、
臨機応変に請負いますので、ご都合の合う方、ぜひ、この機会にいらして下さいませ。

お待ち致しております。(^-^)


ずいぶんとご無沙汰になりました・・・(^_^;)

東京に来てからというもの、危うく我を忘れてしまいそうになっていましたが、
無事にここに書き連ねることが出来ました!(^-^)

早速ですが、今月第3週からの毎金曜日の16日、23日、30日に
お世話になっている「金曜日のトランク」(毎週金曜日11時頃-17時だけオープンしているアメリカンヴィンテージのお店です。)さんにて、私のもとい、ボビンロビン洋裁店(屋号を変更しました)のミニ展示販売会をする運びとなりました!

そして3月18日(日曜日)には、東京の雑司が谷という場所の手創り市の
はるに、桜と。」という市に出店いたします!

これは野外でのお洋服とお菓子のイベントなのですが、なんと試着室も設置してくださるので、
お洋服の参加には大変ありがたいイベントとなっております。(^-^)

そんな訳でまずは、お知らせのみとなりますが、
只今、激しくソーイング三昧で作っております。

ぜひ、ご興味のある方、たまたま行けるよなんて方がいらっしゃれば、遊びに来てくださいね。

よろしくお願い致します。m(_ _)m


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM